技術紹介

創業以来培ってきた、豊富な経験と技術で
お客様とともに課題を解決してまいります。

自動化をベースにプレスエンジニアリングの先進企業を目指す

2013年に新工場を稼働
同社創業者の西田昇会長は、昭和30年代のプレス技術の草創期に鍛圧業界に身を投じ、プレス機械のみならず板金加工機、各種周辺機器等の設計に関ってきた。世界をリードする日本の塑性加工技術の変遷に関与し、その発展に身をもって挺してきた技術者でもある。プレス技術を深く掘り下げてきた開発実績とその幅広い経験は、1975年にニシダ精機設立後の同社発展の大きな原動力となった。
その後順調に業態を拡げたニシダ精機は、2013年に相模原市内に約7000㎡の土地を購入し新工場を竣工・稼働させている。新工場はJR相模線南橋本駅に近く、圏央道にもアクセスする絶好のロケーションにある。

トランスファユニットに高い実績
既納入は1000システムに迫る勢い

ニシダ精機は「自動化をトータルに考えるプレスエンジニアリングの先進企業」を標榜する。2001年に後継した西田浩高社長もまた現場主義に徹し、日々高度化するプレス加工のソリューションをトータルに提供する顧客第一主義の経営を貫いてきた。
「単に装置・機器を提供するのではなく、顧客が何を要求しているかを現場に入ってともに考え、課題点を洗い出し、コストパフォーマンスの高いシステムを構築して提供する、ということを創業以来一貫して行ってきました。発生する課題は現場ごとに異なります。それだけに現場で起きた問題点は現場で解決しなければなりません。その要求にきめ細かく対応してきたことが、結果的に私どもの大きな財産になりノウハウになっているのです」と西田社長は改めて述懐する。
もともと同社はプレス用自動化機器のトータルメーカーとして、トランスファフィーダ、ディスタックフィーダ、プレス用ロボットフィーダ、シートフィーダ、コイルラインフィーダ、レベラーフィーダなど充実した製品のラインナップを図ってきた。あらゆる自動化のニーズに対応してきたことが、プレス自動化に欠かすことのできない基本アイテムである、コイルシステム、ロボットシステム、トランスファシステムにおいて重層的なシリーズ機を完成させる大きな要因となった。1980年初頭にロボットシリーズ、NCレベラーフィーダのシリーズ化を完了させているが、均一な大量生産からより効率のよいプレス加工を求められるニーズの変遷のなかで同社がもっとも注力してきたのが加工領域が広く、生産性と応用性の高いトランスファシステムの開発であった。
1990年代からトランスファシステムへの取り組みを本格化させており、シート材以外にも熱間ならびに冷間鍛造用トランスファフィーダ、丸棒・パイプ用トランスファマシンなど幅広い実績を有する。現在は2・3次元とも対応性、機能性に優れたサーボトランスファが主体である。最近では年間数十システムを開発し、創業以来30数年の実績として1000システム超の納入数を数えるまでになっている。これまで10tonから4600tonまでのシステムを手掛け、小型システムの3次元動作では200spmの連続運転を実現、さらには素材搬送のフィードバー断面が□250mmに達する大型システムやクロスバータイプなど、非常に多岐にわたる顧客要求に応えてきたことが、同社のエンジニア力を高め、競争力の高い企業体質を作り上げたことがわかる。
最近では、“難しい加工はニシダに”という評価も定着しており、さらなるプレス技術の高度化を要求する顧客ニーズの流れは、ニシダ精機にとって完全に追い風となっている。

デジタルトランスファプレスの開発を本格化
ニシダ精機は2006年よりデジタルトランスファプレスの開発・製造に着手し、MF-Tokyoにも出品して注目を集めた。プレス加工設備全体のエンジニアリング(開発・製造・販売・コンサルティング)を行うなかでトランスファユニットに実績をつけた同社はさらなる機能充実とラインナップの拡大を図っている。
写真1はモータケース、バッテリーケースなど深絞り多工程製品に特化した250tonトランスファプレスであり、写真2は加工域を広げ、高生産性と省エネを特に追求した次世代型の60tonトランスファプレスである。さらに写真3は300tonの3連ライン、写真4は高機能化、高精度加工の新時代ニーズに適応し、剛性強化と加工音低下を徹底追及したフレーム構造を持つ300tonトランスファプレスの外観を示している。

ニシダ精機のトランスファプレスシステム

いずれも全軸サーボコントロールで構成されており、従来にない自由度の高いシステムと滑らかな動作を実現する。独自開発のコンピューターシステムによりコントロールの範囲を拡大し、システムの細部に至るまでフルシンクロナイズさせていることが大きな特長だ。
またシステム構成は顧客の加工仕様にフルフィットさせるカスタマイズ仕様となっている。
受注も順調に推移しており、「トランスファ加工を革新して、プレス成形の新たな時代をきり拓きたい」と西田社長も確かな手ごたえ得ており、今後の展望への強い意欲を示している。